金で溜める

金というのは大変安定しているものです。

いつの時代でもお金の変わりになるのが金です。

同じ字を使うほど、代わりになるものなのです。

金を所持しておけば、円やドルなど為替に関係なく、その年のお金の流れにも関係なく、買取ってもらえます。

そのため、いつでもお金を買取れる金でお金をためるのがいいでしょう。

では、今後どのようにしてその金を溜めたらいいのでしょうか。

簡単です。

忘れることです。

お金は、所持していると、すぐに使えてしまう状態です。

銀行に入れたとしても、いつでも引き出せるうえ、何かあったときもなんでもできます。

ですが、例えばお金を10万円ずつためたとしましょう。

そのお金を、貯まった直後にお金にどんどん代えてみましょう。

そうすると、実は金に換えたがために、心理的にわざわざその金をお金に戻してから使うのはめんどくさくなってしまいます。

ただただ重いだけのものですよね。

そのため、あなたはその金は使わずに持っておくことができます。

そうしていくうちに、また次の10万円がたまり、また金に変えることができます。

このままコツコツためていくことで、あっという間に10万円、20万円とたまっていき、いつしか100万円200万円となっていくでしょう。

もちろん、金をためていくうえで、重要なのは忘れることです。

金をいつでもお金に返られるからと言う考えで、所持していると、気軽に換金してしまうでしょう。

ですから、ある程度金があったことを忘れるのも重要です。

参考リンク・・>【URL:http://kinkaimasu.jp/